« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月20日 (土)

12月スケジュール

今年最後のレッスンです。何かつかんで来年につなげましょう。
初心者歓迎。生徒募集中です。201012new


|

2010年11月12日 (金)

11月21日(日)タダオと横沢、リリースパーティー第2弾

                          〔音・波〕
            ~soundwave~


今年初のアルバムをリリースした、シタールとジェンベの自由形DUO「タダオと横沢」そして様々な楽器を使い独自の解釈で創り上げられる歌と音「えま&慧奏」この2組によるWリリースライブParty!!

2010年11月21日(日曜日) 18:00開場 19:00開演
at blow BAR 大阪市中央区西心斎橋2-8-33 アメ村スクエア1F TEL.06-6211-4300
(各線難波駅、地下鉄心斎橋駅より徒歩7分)
http://blow-bar.com/map/index.html

Charge:前売り2500円 当日3000円(前売り当日共に1drink付き)


前売り予約は℡06-6211-4300(blow BAR)で承ります。お名前と人数をお伝えください。当日受付にて前売り料金で精算させていただきます。


LIVE

タダオと横沢
石濱匡雄/シタール
http://www.tadao.in
横沢道治/ジェンベ

えま&慧奏
えま/ヴォーカル、二胡
慧奏/ピアノ、民族打楽器
-Support-
岡野裕和/コントラバス
牧瀬敏/ダラブッカ


タダオと横沢
インド東部カルカッタで北インドの弦楽器シタールを学び、国内外で幅広い活動をするシタール奏者石濱匡雄(いしはまだたお)と、ニューヨークでアフロキューバン音楽(ルンバ)を学び現在関西を代表するパーカッショニストとして活動する横沢道治(よこざわみちはる)が2006年に結成したユニット。北インドのシタールと西アフリカの打楽器ジェンベを主に使用し、オリジナル曲を中心としたライブでは、インドやアフリカ、ラテン、果てにはJAZZをも感じさせる音楽の「自由形」を打ち出している。2つの楽器とは信じられないような力強く即興的な演奏は各方面から絶賛の声を受け、現在関西を中心にライブ、イベント出演など精力的に活動中。2010年6月20日にファーストアルバム「タダオと横沢」をリリース!!
http://www.myspace.com/tadaotoyokozawa
http://tadaotoyokozawa.seesaa.net/


えま&慧奏プロフィール

えま/Ema えま(ヴォーカル、二胡)
 「レインボウ・ヴォイス」と称される、独特の歌声。また、二胡、月弓という「もうひとつの声」でうたう、奏でる。「えま&慧奏」はじめ、「風の楽団」のメンバーとして「和太鼓松村組」のゲスト奏者、沖縄・奄美の島唄ユニット等、あまたのアーティスト達とのコンサート活動やレコーディングに参加。ビジュアルアートやイベントプロデュース、他アーティストのサウンドデザインも手がける、異色女性アーティスト。


慧奏/Esoh えそう(民族打楽器、ピアノ)
 ピアノをメインに、オーバートーンヴォイス(倍音歌唱法)や循環呼吸など独得な奏法による先住民族のスピリチュアルな伝統楽器をはじめ、石や木から成る自然素材のオリジナル楽器を演奏。その多才さと精神性の高いプレイは、シーンの中でも際立つ存在であり続ける。1987年には、自己のグループ Silent Pulse でモントルー・ニュージャズ・フェスティバル(スイス)に出演。91年ダンス作品「アマミシネリ」の音楽担当として、沖縄、ローマ、パリ、ギリシャ公演を行う。“風の楽団 Wind Travelin' Band ”のメンバーとして、えまと共にグラストンバレー.フェスティバル(イギリス)や、アメリカ西海岸ツアーなど国際的な活動を展開しながら、多数のユニットにも参加。93年より96年まで、アースミュージック.フェスティバルを京都・大阪で開催。数々の音楽イベントを制作、プロデュース。数々のアルバム制作にも携わる。20101121aa


20101121bb_2


|

2010年11月 4日 (木)

ライブします。お店は、お休みです。

明日 11月5日(金) 神戸ビッグアップル
明後日 11月6日(土)大阪天六ワイルドバンチ
 林栄一氏(アルトサックス)率いるFREE JAZZ セクステッド「GATOS MEETING](from 東京)に
ゲスト参加します。皆さんお見逃しなく!
 尚、11月5,6,7日は、お店を臨時休業します。よろしくお願いします。57242072_20


|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »